江南だより
12345
2019/02/25

S-GAP実践農場評価書が交付されました

Tweet ThisSend to Facebook | by 農業教育・環境教育推進担当
 江南支所の農場(米、麦)が、平成31年2月21日(木)に「S-GAP実践農場」及び「S-GAP実践農場2020」として評価されました。
 GAPとは直訳すると「良い(Good)、農業の(Agricultural)、やり方(Practice)」となります。良い農業とは、食べる人や作る人の安全と生活環境の安全に配慮した持続可能な農業のことです。S-GAPは、埼玉県が策定しGAPのことです。
 S-GAP実践農場として評価されたことにより、東京オリンピック・パラリンピックでの食材調達基準をクリアしました。
 今後も、事故の無く安全な生徒の実験・実習や教職研修を実施していくとともに、安心しておいしくいただける農産物の生産を行っていきたいと思います。





17:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/02/25

食味コンテスト 彩のかがやき部門 第5位

Tweet ThisSend to Facebook | by 農業教育・環境教育推進担当
 JAくまがやで平成30年度に出荷されたコメの食味コンテストが行われました。 
 江南支所では、平成30年11月7日(水)にJAくまがやに、彩のかがやき(コメ)を53袋(1袋30kg)を出荷し、食味コンテストに参加しました。
 食味コンテストには、全体で100件ほどの参加があり、江南支所は彩のかがやき部門で、(20件参加)第5位となり、1月25日(金)に表彰されました。
 江南支所での彩のかがやきの栽培には、児童生徒の体験学習や教職員の研修でたくさんの人たちがかかわっていただいております。今後も、江南支所の事業をとおしてたくさんの人にかかわっていただき、安全でおいしいお米を育てていきたいと思います。


14:15 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/01/24

ビオトープ見学の『木道整備』

Tweet ThisSend to Facebook | by 農業教育・環境教育推進担当
ビオトープ見学の木道整備
 平成14年に当時の農業教育センターでは、農業用水の水質浄化と緑豊かな水辺空間の創造を目指し、全所員の手で地域の野生の生きものが暮らすことのできるビオトープを造成しました。
 ビオトープでは、自然を散策しながらそこに棲む生き物等を観察できるよう木道が配備されています。今回は、その木道整備(塗装)をしました。
 *平成13年年12月に着工、平成14年年春に完成。
   詳しい内容は、左バナーの『自然体験ゾーンを』ご覧ください。

     
    塗装前        塗装後1        塗装後2
 
今後も、生徒児童や先生方がビオトープのある自然体験ゾーンを活用して、「心の教育」や「生きる力」を育てる体験学習や研修が効果的に実践できるように努めてまいります。




13:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/01/16

農業クラブ 上級技術検定(農業機械)

Tweet ThisSend to Facebook | by 農業教育・環境教育推進担当
        農業クラブ 上級技術検定(農業機械)
 平成31年1月16日(水)埼玉県立総合教育センター 江南支所で、埼玉県学校農業クラブ連盟 『農業技術検定試験上級(農業機械)』を行いました。
 参加生徒は、『トラクターの運転操作』など
専門科目の学習で学んだ専門的な知識・技術を活用し、『学科』『実技』の検定に挑戦していました。
 この検定試験は、『埼玉県高校生専門資格等取得表彰』の制度の対象で、合格すると3点を取得します。表彰には、9点以上が必要です。
 運転走行中は北風の吹く中、参加生徒は全力で取り組んでいました。

 
参加生徒 21名(熊谷農業高校14名 杉戸農業高校生7名)
  
      開会式            実技試験         全体説明

   
     検定開始           乗車点検          運転中
15:55 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/12/17

第4回 高校生環境学習講座が無事に終了しました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 農業教育・環境教育推進担当
高校生環境学習講座の様子(4日目)
 12月15日(土) 『第4回 高校生環境学習講座(最終日)』を実施いたしました。本日までの講座に、合計61名の生徒が参加しました。
 午前中は、『川に潜む微生物を探そう』のテーマで講義のp後、DNAの電気泳動と抽出実験・藍藻の観察、大学施設の見学を行いました。
 午後は、『高校生から見た荒川の魅力とは?』について、グループワークを行いました。その中で、『荒川の保全管理の紹介』『荒川の自然の魅力』についての講話がありました。
        第4回 高校生環境学習講座日程
 会 場:埼玉大学
 テーマ:『川に潜む微生物を探そう』
 講 師:埼玉大学 工学部 環境共生科    川合 真紀 教授
                      アシスタントティーチャー 石川 優真 、 鈴木 耕陽
                                              田中 雅美 
           

 
 テーマ:『高校生から見た荒川の魅力とは?』  
 講 師:荒川上流河川事務所 大河原 幸治
        日本生態系協会  田邊  龍太・林 颯太
        環境サポーター  小川 早枝子・山本 恵美
   
    
    

いずみ高校、浦和西高校、児玉白楊高校、杉戸農業高校、
桶川高校 
参加校(計11名)

*参加した生徒の皆さんは、講座で学んだことを日常生活
に活かし『荒川の守り人』として活動することを期待して
います。

09:42 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345

花壇材料の頒布